【備忘録】facebookDeveloperから無期限のページaccessTokenを利用する手順

001 IT技術系

facebookページを作ります。

アクセストークンの欲しいfacebookページを作ります。

000

facebookデベロッパーを使います。

マイアプリを作ります。

Facebook for Developers
Facebook for Developersで人と人のつながりを広げましょう。AI、ビジネスツール、ゲーム、オープンソース、パブリッシング、ソーシャルハードウェア、ソーシャル統合、バーチャルリアリティを探求できます。開発者の学習と交流を促進するFacebookのグローバルプログラムをご確認ください。

001

アプリ名はfacebookページ名と同じにしておくと、分かり易くて良いと思います。

002

マイアプリの設定をします。

ほとんど設定しなくても良いようですが、私は「設定⇒ベーシック」の中身は設定してます。

003

グラフAPIエクスプローラを使います。

logo/fbfordevelopers

004

アクセストークンのサイドバーを設定します。

  • Facebookアプリ⇒作成したマイアプリ
  • ユーザーまたはページ⇒ユーザーアクセストークン

005

選択すると、下にアクセストークンが出てきます。これは短期間のアクセストークンで、次に使います。

アクセストークンデバッガーを使います。

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

006

上記で取得したアクセストークンを入力し、トークン情報を確認します。

利用時間が短いのが確認できます。

007

アクセストークンを延長します。

画面の下方の「アクセストークンを延長」ボタンを押すと、長期間のアクセストークンが出てきて、次に使います。

008

グラフAPIエクスプローラに戻ります。

アクセストークンのサイドバーを再設定します。

  • Facebookアプリ⇒作成したマイアプリ
  • ユーザーまたはページ⇒ページアクセストークン⇒管理者ログイン
  • アクセス許可
    user_posts
    manage_pages
    pages_show_list
    public_profile
  • アクセストークン⇒長期間のアクセストークン

アドレスの入力欄を設定してjsonデータを取得します。

アドレス入力欄に「me/accounts」と入力して、「送信」ボタンを押します。

“data”: [
    {
      “access_token”: “EAA…

というjsonデータが出力され、このaccess_tokenが無期限アクセストークンとなります。

アクセストークンデバッガーに戻ります。

先ほどの、無期限アクセストークンを確認してください。「受け取らない」になっていれば、大丈夫です。

基本の使い方

アドレス入力欄に「me/accounts?fields=feed{full_picture,message,created_time}」と入力して、「送信」ボタンを押します。

すると、なんとなく使い方がわかると思います。左サイドバーを修正していくと、様々なデータがとれるようです。

お疲れさまでした(^^♪

タイトルとURLをコピーしました